Skip to main content

内部SEOとは、『内部』という名がつく通り、ホームページの内部構造を検索エンジン(Search Engine)に対して最適化(Optimization)することです。

内部SEOはなぜグーグル対策?

検索エンジンといえばグーグル、ヤフー、Bing、Baiduなどありますが、SEOというと現在はほぼ、『Google』に対するSEOを指します。その理由はというと、下図のようにグーグルの検索アルゴリズムのシェアが全検索の92%を占めているからです。

検索に使われる検索エンジンの割合
検索に使われる検索エンジンの割合(出典:statcounter)

内部SEOの具体的な内容

内部SEOの具体的な内容は多岐に及び、実践経験がものをいいます。その意味では広告のアドセンス(広告感)や職人のさじ加減に似ていると言われています。具体的な内容は以下です。Google Search Console(グーグルサーチコンソール)の設定

『meta title(タイトル)』と『meta description(メタディスクリプション)』の適正な設定

noindexの適正な設定

hタグ(h1、h2など)の適正な設定

https化(常時SSL化)

パンくずリスト(Breadcrumb list)

記事冒頭(序盤)にキーワードを適正な数で入れ、ユーザービリティを高める

カテゴリーページの適切な設定

適切な内部リンク構造

URLの正規化と統一リンク設定

重要なキーワードをページ内に含める

ワードプレス化

サーバーの最適化

目次(TOC)の最適な設定

XMLサイトマップの送信

Googleの公式スポークスマンのコメントに目を通す

google analytics(グーグルアナリティクス)による問題の発見

関連記事

内部SEOの関連記事は以下をご覧ください。