サイトリニューアルで注意すること〜犠牲になりがちな『301リダイレクト』と『SEO設定』

サイトリニューアルで注意すること〜犠牲になりがちな『301リダイレクト』と『SEO設定』

2021.07.14

サイトリニューアルで注意する点は、『SEO設定の継承』と『リダイレクトの適切な設定』です。

というのは、サイトリニューアルでは以下がメインの打ち合わせになるからです。

サイトリニューアルでメインとなる打ち合わせ

  • 『デザイン』
  • 『写真、動画』
  • 『レイアウト・動き(モーション)』
  • 『過去に書いたブログ、記事をどう残すか?』 など

むろん、素敵なホームページへリニューアルするためには、上記の打ち合わせがまず大切になります。

しかしそのために、検索順位を決定づける見えない資産の視点が欠如することがあります。

検索順位を決定づける『見えない資産』の視点が欠如すると・・・

検索順位を決定づける『見えない資産』とは具体的には、『Googleからこれまで得ていたドメイン評価』や『これまで築いてきたSEO設定』のこと。

『Googleからこれまで得ていたドメイン評価をどう引き継ぐか』や『積み重ねたSEO設定(内部SEO、コンテンツSEO、外部SEO)をどう活かすか』という視点を欠くと、設定次第では、リニューアルでデザインはきれいになったのに検索結果から姿を消してしまうこともあります。実はヒノキブンコにも、そうなってしまってから『なんとか順位をもとに戻して欲しい』という相談がこれまでいくつもありました(すぐにもとに戻せるかどうかは、サイトリニューアルから3ヶ月経ってしまったかどうかが分かれ道です。要素はそれだけではありませんが)。

犠牲になりがちな『301リダイレクト』と『SEO設定』

そうならないためには、内部SEO全体をリニューアルのタイミングで改めて理想化*できればそれが一番ですが、予算的に厳しければ、とりあえずは以下の2点を確認されるといいと思います。

  • 301リダイレクトなどのリンクチェック
  • SEO設定の引き継ぎ

もしアクセス数や検索順位が重視されるサイト(=会社の売り上げなどを左右するサイト)なら、SEOの現場を知っている制作会社やSEOの専門業者に外注すべきです。ウェブ制作会社の多くはSEOについての専門的な知識を持っていません。

長年築き上げたサイトの評価を失わないためにも、サイトリニューアル時の『301リダイレクト』と『SEO設定』をチェックしてください。

 

*サイト規模にもりますが、上場企業などの大規模サイトでない一般的な規模であれば、サイト全体のSEO設定は10〜20万円程度で行えることが多いです

カテゴリー

ヒノキブンコ

ヒノキブンコ

WEB方面から地域の産業、文化を応援するしごと

納品記事の累計PV1,010万以上。コンテンツSEO、ホームページ制作、動画制作などWeb制作、承ります。