Skip to main content

2021年6月20日(日)、山梨県立科学館にて、代表小田和が講師として「サイエンス風林火山~林の巻〜『マイクロズー』」を開催しました。

今回は、県立科学館のまわりのコケを採取して、その場でクマムシを発見するという大胆⁉な企画。ぶっつけ本番なイベント、今回の参加者は20名限定としました。

その結果はいかに・・・?

なんと参加者全員がクマムシをコケから発見できました!元気に動き回るクマムシを見て、参加者は興奮気味。

アンケートでは、参加者の半分がもともとクマムシのことを知っていました。科学館の職員さんも、応募者の抽選は無作為だったのに、あそこまでクマムシ好きが集まるとは想定しておらず驚いた、とのこと。どうやら、県下の生き物・科学好きな小学生たちが集まってくれたようです。

また行う予定ですので、ぜひお楽しみに!

コケとり中
クマムシ探しのコツを伝授
いざ、観察!
このあと参加者が次々クマムシを目撃することに